アイピルの避妊効果

通販でアイピルを手に入れるイメージ

アイピル(i-Pill)はアフターピルの商品のひとつで、中用量ピルに分類されます。

アフターピルは緊急避妊薬や事後避妊薬とも呼ばれ、本人が望まない妊娠を避けるために用いられる薬のこと。
受精および受精卵の着床を防ぐことで避妊する役割をもっています。

アフターピルは病院で処方されるものと考えている人は多いかもしれませんが、海外メーカーから購入できる通販サイトもあり、医療機関を受診することなく手に入れることが可能。
このページでは、通販で手に入るアイピルの避妊効果について説明していきます。

アイピルの避妊率とは

妊娠を防ぐようにお腹に手を当てる女性

高い避妊率で実践しやすい方法として、コンドームの着用を選択しているカップルは多いでしょう。
正しい方法で使用すれば、およそ85%の確率で避妊可能。
それでも15%の人は失敗するということで、さらにサイズが合わない・劣化しているなど、問題のあるコンドームを使った場合の避妊率は大きく低下してしまいます。

コンドームでの避妊でもっとも恐ろしいのは、男性任せになってしまうということ。
女性が妊娠を望んでいなくても、男性がコンドームをつけないまま射精してしまってはどうしようもありません。

コンドームの着用=確実な避妊法とは言えないのです。

その点、アイピル(アフターピル)の服用は、女性が自分の意思で行える避妊。
セックスのあとから行えるので、避妊をせずに膣内射精されてしまった場合や、避妊をしたのだけれどアクシデントがあって失敗してしまった際でも、高い避妊効果を発揮してくれます。

アイピルの避妊成功率は24時間以内に服用すれば95%、72時間以内で72%
時間が経過するごとに避妊率も下がってしまうので、少しでも早く服用することが成功率を上げるためには重要です。

●関連記事●「安心が手に入るアイピル

アイピルの服用方法

アイピルの服用方法

アイピルは、2011年に販売がはじまった処方薬・ノルレボ錠のジェネリック医薬品=後発薬 です。

ノルレボ錠が登場するまでは、プラノバール錠によるヤッペ法がメイン。
性交後72時間以内に一度服用しさらに24時間後に1錠服用するという方法で、飲み忘れによる避妊率の低下がネックでした。

しかしノルレボ錠の服用は、LMG(レボノルゲストレル)法といって1錠を1度服用すれば完了
現在では、ノルレボ錠の方が広く活用されています。

おもな働きは、ホルモンバランスを急激に変えることで排卵を抑制し、子宮内膜をはがすこと

避妊に失敗して、精子が膣内に入り込んだとしても卵子がなければ受精することはできません。
すでに排卵していて受精したとしても子宮内膜がなければ受精卵が着床でき、妊娠は継続しません。

この2つのアプローチによって、性交後の避妊を可能にするのがアイピルなのです。

より高い確率で妊娠を防ぐためには、なるべく早い段階で服用すること。
24時間以内であれば95%で避妊効果を得られるのですから、翌日には飲んでおきたいところです。

しかし、避妊できていなかったと気づいたタイミングですぐに病院へいけるとは限りません。
仕事でどうしても抜けられない・・・
近所のクリニックが休診日だった・・・
病院へ行っても待ち時間が長すぎる・・・
など、急いでいるのに現実的には思い通りはいかないことも。

アイピルは、「ヤバイ!」と思ったらすぐに服用できるかどうかがカギ。
そこで便利なのが、通販サイトの存在です。
ネットで事前に買って手元においておけば、ハプニングが起こったとしてもすぐに服用可能。

アイピルの通販購入が、女性の未来を守るという重要な働きを担ってくれるのです。

アイピルは通販でも購入できる!

アイピルは通販で買える

アイピルは通販で購入できるアフターピルとして人気の高い商品です。
(※アイピルの通販については「アイピルが買える通販とは?~個人輸入について~」のページをご覧ください)

通常、事後緊急の避妊薬は産婦人科で処方してもらいます。

しかし、ピルによって事後避妊ができると知っている女性はまだまだ少ないのが現状。
アフターピルについては学校であまり教えてもらえませんし、予定外の妊娠が後の人生を変えてしまうことにもなりかねません。

アイピルを通販で購入するとこんなメリットが!

最近では、アイピル(アフターピル)を通販で買うことがメジャーになってきています。

インターネットで購入する場合には、処方薬と同様の避妊効果をもつアイピルが処方箋なしでOK。
自宅にいながら注文・購入できるので病院で知り合いと顔を合わせるかもしれないといった心配はなく、婦人科やレディースクリニックを受診するのは恥ずかしいという女性にとってもうれしいポイントです。

しかし一方で、アイピルを通販で購入する場合、注文をしてから郵送してもらうので自宅に届くまでに時間がかかるというデメリットも。

海外にある販売店やメーカーから発送されるので、到着までに1~2週間ほどかかります。
アイピルは72時間以内に服用しなければ、その避妊効果を得ることができません。

そのため、ゆとりをもって事前に購入しておくことが必須です。

病院で処方してもらうよりリーズナブル!アイピルの通販購入

アフターピルをクリニックで処方をしてもらう場合は、保険の適用外。
1回の服用でも10,000~15,000円ほどかかってしまいます。
金額がネックで緊急避妊ができないまま妊娠・・・となってしまっては、出産と中絶どちらを決意するにしても、さらに大きな費用を負担する結果に。

通販サイトでのアイピルの価格は、1錠1,300円ほどが相場です。
通院にかかる診察料や検査費用、交通費なども必要なく、リーズナブルで確実な避妊が可能。
アイピルを通販するという選択肢を知っていれば、金銭面を気にすることなく自分の将来を守ることができるのです。