購入方法について

中絶薬ではないアフターピル

妊娠を望まないにもかかわらず避妊をしていなかった、もしくは避妊に失敗していたと性行為後に発覚するケースはよくあることなのです。男性がコンドームを着用していても妊娠してしまう可能性はゼロではありません。この場合諦める前に最終手段としてアフターピル(緊急避妊薬)を使って妊娠を防ぐ方法があります。
アフターピルは性行為が終わった後に飲む避妊薬です。中絶でありません。中絶薬と勘違いする人もいますが中絶薬と緊急避妊薬は大きく違います。
では中絶薬と緊急避妊薬であるアフターピルの違いを見ていきましょう。

妊娠するまで

妊娠には3週間程度掛かると言われています。精子と卵子が受精し受精卵となりその後子宮内膜に着床して子宮内膜に根を張り成長していきます。これが妊娠までの工程です。

中絶薬のミフェプリストン


中絶薬であるミフェプリストンは妊娠後から49日以内に摂取をして流産をさせる薬です。この薬には妊娠に不可欠なプロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンの働きを妨げて流産をさせる方法です。自然流産に近い形での中絶です。しかし副作用も多く報告されていることや出血が2週間続くということ、そして副作用が続く場合は命の危険性もあると言われていて海外では医師の処方なしに販売しできません。また通販でも販売が禁止されている中絶薬なのです。
日本でも店頭販売が禁止されていて通販で購入する場合も厚生労働省による注意喚起がおこなわれているほど危険な薬なのです。

緊急避妊薬のアフターピル

アフターピルは性交後72時間以内に服用することで避妊をしてくれます。性行為中に射精された精子と卵子が受精するまでの期間が1週間ほどだと言われています。アフターピルは服用して避妊効果が出るまでに数日かかります。それまでに受精し、着床してしまうと避妊率も下がってしまうため、アフターピルは早めの服用が求められるのです。

アフターピルは妊娠を防ぐものであり、中絶薬は流産を促す薬です。
しかしアフターピルでも防ぐこともできない妊娠もあります。妊娠を防ぐ為にもアフターピルは備えておくといいでしょう。

安心が手に入るアイピル

アイピルを持って安心している女性

アフターピルって、なんだか「性的暴行を受けた後に使うもの」のようなイメージを持っていませんか?また、産婦人科に行かなければ手に入らないというイメージから、敷居が高いものだと思っていませんか?でもアフターピルって、実際は女性なら知っておくべき緊急避妊法なのです。

日本では年間約30万件の中絶手術が行われています。これらすべてが性的暴行による望まない妊娠というわけではありません。もちろん家庭の事情等で中絶を選ぶことになった女性もいますが、安易な性行為、軽視されてしまった避妊のために望まない妊娠をしてしまう女性もそれなりにいるのが現状なんです。

流されて避妊をしないと後悔する

流されてしまうと後悔することになる
避妊はピルを服用していない限り、男性の協力が必要になります。でも中には、避妊をしたがらない男性もいます。例えばコンドームをすると刺激が少なくなると考えている男性もいますし、女性の中にも膣外射精をすれば避妊になると本気で考えている人や、排卵期さえ外せば問題ないと考えている人もいます。また、空気に流されてしまって性行為が終わった後に落ち込む、という人もいるでしょう。

実際にアフターピルで救われた友人

アフターピルはハプニングが起こった時、役に立ちます。実は先日、友人がアフターピルを使ったようでした。そんなに簡単なのかと思って驚いてしまいました。友人は性行為中にコンドームが外れてしまったということが起きていました。

しかも排卵期真っ只中で、性行為が終わった後は心配で心配で仕方がなかったとのことでした。彼女が言うには、やはり産婦人科に行かなければ処方されない低用量ピルはやはり抵抗があったとのことでした。と言うのは、だいたい性行為があるのは夜ですが、夜に開いている病院はまずありません。

そして、アフターピルの処方をしてもらうためには翌日病院に行かなければならないけど、仕事で難しかったようです。ピルはだいたい72時間以内に服用すると80%前後の確率で避妊ができると言われますが、24時間以内なら95%の避妊率を誇るそうです。
つまり、性行為から24時間以内に病院に行きたいところですが、仕事のためにそうはいかないことは誰にでも考えられることです。

結局妊娠せずに済んだが、これで懲りた

あれから通販を利用している
友人は教師でしたので、仕事も忙しそうでした(それなら尚更しっかり避妊をしろ!と言いたいところですが笑)。翌日は会議のために忙しいとのことで、インターネットでアフターピルを探したそうです。

病院ならば保険が効かないということで本来3000円から10000円ほどするピルも、ネットなら1000円ほどで買えるそうです!もちろん病院ならばその場で処方されるため、早く薬を服用できますが、そもそも病院に行く暇がないなら仕方がありません。ただ、注文から1週間程度経ってアフターピルは到着したので「たまたま妊娠せずに済んだ」ということでしょう。

それからは友人もアイピルを通販で購入

彼女は通販で、1000円強でピルを購入したそうです。ネットなら24時間注文を受け付けていますし、そういう意味では安心ですね。また、彼女は昼間は仕事で家にないため、配達の際は郵便局留めにしてもらったそうです。通販で購入したのは、処方薬と同じような成分のアイピルだったようです。
通販で買うようになってからは、きちんと72時間以内に服用することが出来ていると喜んでいました。

初めてピルを服用する場合は、本当は病院で処方してもらう方が良いのでしょうが、病院に行けない、人に会うのが嫌、産婦人科に行くには抵抗がある、等の事情がある場合、通販で低用量ピルが手に入るなんて有難いですよね。

特に未婚女性・妊娠出産経験のない女性にとっては産婦人科は敷居が高い場所です。また、産婦人科によっては避妊の失敗という理由ではピルを処方してくれないところもあるらしいんです。そういうストレスを考えると、通販は確かに便利だなぁと感じました。

本来ならば低用量ピルというものが必要ないようにしておくことが大切なのですが、そうとは言ってもいざと言う時のために、ピルの存在を知っておくことは大切だと思います。但し、ピルはホルモン剤ですから、女性の身体に影響があります。だから毎回の性行為の避妊法としては使えません!そうではあっても、避妊の最後の砦であるピルはいざとなったら大切なもの。女としてはしっかり知っておく必要がある存在ですね。